【UK Original Single】

  UK Original Single TOP 再発盤へ

■ Can't Buy Me Love / You Can't Do That

世界レベルで大躍進した1964年最初のシングル。同年のコンサートでもレパートリーにするほどのりが良い曲です。
B面の"You Can't Do That"で初めてジョージがリッケンバッカーモデル33012弦を使用したことでも有名です。
A面のみレコーディングはパリ遠征中の合間に"EMI  PATHE MARCONI"レコーディングスタジオで録音。

今回は変わったものを2枚ご紹介します。 再発盤は後日UPする予定です。

2006/10/25追記
ORIOLEプレス

【mono】   First Press

Original UK issue date
Parlophone R5114  1964/03/20


※拡大画像はかなり重いです。
●1964 issued 7inch

例によって発売当時のプレスはカンパニースリーブ付。

"Side A"

"Side B"

"Shape"

じっくりと比較するとリカッティングされた1976年の再発盤はA面、B面とも音がこもりがちです...
オリジナル盤は中低音がこもることなく非常にクリアーな音がします。
特に"You Can't Do That"のジョージの12弦ギターの音は秀逸です。

余談と私事で恐縮ですが、中学卒業後の春休みに初めてアルバイトを経験してエレキギターを中古で購入しました。
当時YAMAHAの12弦(リッケンバッカー360風、ただしボディは青)と6弦モデル(EPIFON風、サンバースト)2台が店頭に並んでいて
管理人はサイドギター担当ということもあり6弦のほうを購入しました。本当は12弦エレキが欲しかったのですが(笑)。
 "A side"  "B side" (980×980)

"Parlophone Black Label  R5114"
 "A side with SOLD IN UK..."(1100×1100)  "B side with SOLD IN UK.."

レーベルセンターの"Sold In UK Subject to….."がこのタイトルからプリントされるようになりました。
この表記はシングルでは"The Ballad of John and Yoko"まで、期間では1969年8月まで使用されています。

"MATRIX"



MATRIX枝番は"1N" でTAX CODEは"KT"。メタルマザーコードは"13"です。
再発盤は"-2"にリカッティングされています。




"PUSH OUT CENTER" "ORIOLE CONTRACT PRESS"
2006/10/25追記
以前はPYEプレスと言われていたものです。

"Pressed by E.M.I"

"Pressed by ORIOLE"
enlarge(1605×605)

このタイトルを2枚所有していますが、プレスした会社が違います。
左上はEMIの工場でプレスされた"PUSH OUT CENTER"の拡大画像。再発盤も同じサイズ、形状をしています。
右上の画像はORIOLEの工場でプレスされたものです。
ORIOLEプレスの特徴は
@形状はあまり変わりませんが、EMIプレスの方が仕上げがきれい。
 表面の仕上げがラフででこぼこしています。
A"1mm"ほどセンターレーベルとの間隔がEMIプレスより広い。
Bセンタースピンドルホール周囲部分に隆起があります。


Page Top 

再発盤へ

  UK Original Single  Page Top TOP