【UK Original Single】

  UK Original Single  再発盤へ TOP

■ She Loves You / I'll Get You

イギリスで170万枚も売れ、ミリオンセラーに輝いた4作目のシングルです。
Paul McCartney"Mull Of Kintyr"に記録を破られる1977年までは、イギリスで最も売れたシングルでした。

まずはオリジナル初期プレスから。

【mono】   First Press

Original UK issue date
Parlophone R5055  1963/08/23


●1963 issued 7inch First Press

発売当時の初期プレスはカンパニースリーブ付。

 "A side"(1010×1010)  "B side"

"Shape"

オリジナル盤はイントロのドラムスの音が固まった感じに出てきてちょっとびっくりします。
再発盤はリカッティングされていますがオリジナルと遜色がないよい音がします。
音の違いは、ややドラムスの音とボーカルがおとなしい感じですか...


 "A side"  "B side" (700×700)

"Parlophone Black Label  R5055"

 "A side without SOLD IN UK..."(1100×1100)  "B side without SOLD IN UK.."

レーベルセンターの"Sold In UK Subject to….."表記は1964年からなのでまだ存在しない。

"MATRIX"




MATRIX枝番は"1N" でTAX CODEは"KT"。
メタルマザーコードは"3"です。
リムのクレジットに大文字・小文字が混在している盤と大文字だけのものが存在します。
"A Hard Day's Night"以前あるいは1963年までのプレスは混在タイプのクレジットだと言われています。


"RECORD LABEL"

"1st Press low case lettering"


"2nd Press CAPITOL lettering"


上の写真で初期プレスとセカンドプレスのセンターレーベルを比較してみましょう。

@リムのクレジットの文字以外にも曲関係のクレジットや"NORTHERN SONGS LTD."の書体が異なります。

A"PARLOPHONE"のシルバーロゴと文字もセカンドプレスの方がやや小さくなっています。



続いてプッシュアウトセンターの形状の違いもみてみましょう。

"PUSH OUT CENTER"

"1st Press ,pressed by E.M.I"


"2nd Press ,pressed by DECCA"


初期プレスとセカンドプレスではプレスした会社が違います。
初期プレスはEMIの工場でプレスされたもので再発盤も同じサイズ、形状をしています。
セカンドプレスはDECCAの工場でプレスされたものです。(いわゆるDECCAプレス)


DECCAプレスの特徴は
@プッシュアウトセンターの直径がEMIより約"2mm"小さい。

Aリムの凹みの幅がEMIの倍ぐらいあります。


BセンターにTAX CODE刻印が存在しない。ただし刻印は不定なので気にしなくても良いと思います。
   (TAX CODEはセンターに存在しないものも多く、プレス時期による規則性がないため)


DECCAプレスが存在する理由としては
EMIは当時生産が間に合わなくなった保険代わりに、製造委託契約を"DECCA"、"PYE","PHIKIPPS"と
あらかじめ結んでいたということです。
EMIが需給予測を読み間違え殺到する注文に製造が間に合わなくなったため
ライバル会社のDECCAへレコードプレスを委託したということです。


ちなみに他の委託先としてはPYEプレスや"Hey Jude" と Mary Hopkin'sの "Those Were The Days"には
3スポークのPHILLIPSプレスの存在が知られています。
PYEプレスはもう少し調査してご紹介したいと考えています。


Page Top 



【mono】   Second Press

Original UK issue date
Parlophone R5055  1963年後半?


●1963 issued 7inch Second Press

初期プレスとスリーブの仕様はまったく同じ。

 "A side"(1010×1010)  "B side"

"Second Press Shape"


初期プレスと比較するとちょっと音がこもっています...

 "A side"(1100×1100)  "B side"

"Parlophone Black Label  R5055 Second Press"

 "A side without SOLD IN UK..."(1100×1100)  "B side without SOLD IN UK.."

"MATRIX Second Press"


enlarge (1600×1200)

MATRIX枝番は"1N" でTAX CODEは"KT"なのは初期プレスと同じ。
メタルマザーコードはかなり進んでいて"O"が刻印されています!
初期プレスと比較して音がこもっている原因はこれかもしれない。
目視ではMATRIXの刻印もこの盤ではかなり"WARE OUT"している感じです。




第1回終了

以降は次ページの再発盤に続きます。

  UK Original Single  Page Top TOP


ブログSEO対策:track word
ブログ SEO
ブログ SEO
ブログ SEO
ブログ SEO
ブログ SEO