【AU Original EP】

  UK Original EP  TOP

MAGICAL MYSTERY TOUR (mono) AU PRESSING

オーストラリアプレスのEP 「MAGICAL MYSTERY TOUR」のモノラルをご紹介します。
オーストラリアでもイギリスに準じてほぼ同一の仕様で発売されました。

レコード型番はUKと同じく"MMT-1"なのですが、細かく見るとけっこう違いがあります。 UK盤はこちらです。




【mono】  
Original AU issue date
Austoralia EMI/Parlophone MMT-1  1968/03/14


イギリスより数ヶ月後の1968年3月に発売されました。
ステレオ盤も同時に発売されました。こちらは後日ご紹介する予定です。

※画像はかなり重いです。
"1968 issued 7inch EP"
表面はUK盤と同じP.P.コーティングで色合いも良く似ています。


裏面もコーティング仕様。

"Front Sleeve"

"Front Sleeve with MMT-1"
レコード型番はUK盤と同じですがフロントスリーブに"mono"と一緒に印刷されています。


"Gatehold"



"Blue Lyric"
UK盤と同じくオリジナルはブルーの歌詞カード。



"Shape"

UKと同じ原盤を使用していることもあり、サウンドに関しては文句はありません。
盤の重量もあり音はしっかりと出てきます。

"Inner Sleeve"
1960年代のオーストラリアではLPも含めてやや厚手のポリ・スリーブが使用されている事が多いようです。

"PARLOPHONE Label  DISC1"
AU盤は全てソリッドセンターでした。
リムには「MADE BY E.M.I.(AUSTORALIA)LIMITED,SYDNEY N.S.W.」のプリントがあります。




"PARLOPHONE Label  DISC2"


"MATRIX A side 1968 Pressing"
MATRIXは"7XCD18435-1"で全てUK盤と同じものが使用されていますがマザーとスタンパーNOの刻印はありません。 


"MATRIX D side"
D面もUK盤と同じでMATRIXは"7XCE18437-2"。D面には枝番が"-1"のものは存在しないのであろうか。



"Flipback Left side"
オーストラリアもゲートフォールド内部は折り返し付きで折り返し部分がコーティングされています。

Flipback Right side"

Flipback Credit"
「Made in Australia Z  Nesek & Co Pty Ltd」の印刷が折り返し部分にありますが、オーストラリアの製造会社名だと思います。
UK盤は「Garrod & Lofuthouse LTD」


"Sleeve size"


各国のスリーブを重ねてみました。(下からイギリス、オーストラリア、日本)
微妙に大きさが違うので収納した時におさまりが悪くて困ります(笑)


僕はプラスティックカバーは10インチのもので代用しています。

オリジナルステレオ盤もご参照ください。



Page Top 

  UK Original EP  TOP

Copyright tamachi All Rights Reserved 2005

ブログSEO対策:track word
ブログ SEO
ブログ SEO
ブログ SEO
ブログ SEO
ブログ SEO